【Photoshop】「自由変形」で背景が足りない画像の背景を自然に塗りつぶす方法

今回は「自由変形」を活用して
背景が足りない画像の背景を自然に塗りつぶす方法を紹介します。

※今回の方法は白背景や黒背景など、単調な背景の際に活用できる方法です。
背景に模様がある場合などは、以下の記事で紹介した方法を活用すると
上手く背景を塗りつぶすことができるかもしれません。
併せてご覧ください。

【Photoshop】「コンテンツに応じる」を活用して足りない背景を自然に拡張する方法

 

まずはこちらのサンプル画像と撮影風景をご覧ください。

自宅の簡易スタジオで撮影したものですが、
このように商品下部分の背景が足りていません。

スペースの取り辛い簡易的なスタジオではよくある悩みですね・・・。

この悩みを解決するべく、
早速、「自由変形」を活用して背景を塗りつぶしてゆきましょう。

準備

編集したい画像をPhotoshopで開きます。
毎度のごとく背景を一度コピーし、「背景のコピー」レイヤー上で作業をしてゆきます。

①「背景レイヤー」を
②「新規レイヤーを作成」ボタン上にドラッグ&ドロップすると
③「背景のコピーレイヤー」ができる。

以上で準備は完了です。

「自由変形」で背景を自然に引き延ばす

次に、塗りつぶしたい部分のすぐそばの背景をざっくりと選択します。

①塗りつぶしたい部分
②すぐそばの背景を「長方形選択ツール」で選択

選択範囲が決まったら、次に「自由変形」を開きます。

①「編集」タブから
②「自由変形」を開く。
※ショートカットキーCTRL(⌘)+Tで自由変形を開くことができます。
よく使うツールなので覚えておくと便利です。

次に、塗りつぶしたい部分に向かって選択した部分を引き延ばしていきます。

①Shiftキーを押しながら下の□を塗りつぶしたい方向に向かってドラッグドロップします。

②すると背景がきれいに塗りつぶされます。〇をクリックして完了です。

以上で完成です。

ビフォーアフター

自由変形」の活用、いかがでしたでしょうか。
この方法は背景が単純な場合にはうまくいくことが多いですが、
複雑な背景の場合にはきれいに仕上がらない可能性が高いです。
これが唯一のデメリットですね。
※冒頭でも紹介しましたが、複雑な背景の場合はこちらの方法もお試しください。
【Photoshop】「コンテンツに応じる」を活用して足りない背景を自然に拡張する方法

しかし、このデメリットを鑑みても
かなり簡単に背景を増やすことができる方法ですので、
背景が単純な撮影の際にはぜひご活用ください。

 

 

関連記事

【Photoshop】「自由変形」で背景が足りない画像の背景を自然に塗りつぶす方法” に2件のコメント

    1. い様
      ありがとうございます。
      今後も皆さんの参考になる記事を目指して執筆していきますので、よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です