【スナップ】上七軒の魅力は路地裏にあり

 

 

京都五花街の一つである上七軒は、

今もなお、情緒溢れる町並みが残る場所。

メインの通り、「上七軒通」はよく通るけど、そういえば沢山ありそうな路地裏は散策したことがなかったな…。

ということで、今回はそんな上七軒の”路地裏の魅力”を探る散策へ行ってきました。

 

 

 

上七軒と聞いて、最初にイメージするのが、この通りの景色や花街らしい提灯だと思いますが、、

 

 

大きな通りの脇に見える、細道の誘惑に乗せられて。

あえて道を外れてみましょう…。

 

 

 

 

 

 

 

一気に雰囲気が変わりましたね。これまた大通りとは違う魅力のある町並みです。(個人的にはこういうムードの場所のほうがワクワクして好きだったりします…。)

この路地裏を満喫したら、また別の路地裏へ。

 

 

朱塗りの外壁の向こう、「おでん」の提灯に惹かれて。

 

 

 

ここもまた好みの雰囲気。あの提灯がなければ、こんな魅力的な場所も見落としていたのかと思うと、じっくり散策することの大切さを感じます。

そしてまた別の路地裏へ。

 

 

 

 

 

 

町ゆく人々それぞれに物語があるのだと知った気がします。

 

その後もゆるりと散策をしていると、どことなく視線を感じる。。

 

 

近くの民家、ベランダのほうに目をやると、なんとも可愛い観察者を発見。

「なんしとんねんコイツ。」みたいな冷めた視線を私に送って、チャチャチャッと走って逃げていきました。

また会いたい。

 

 

この視線に気が付いたときは、ちょっとだけビクッとしました。

 

 

「塗れませんでした」

とても正直ですごく惹かれた壁。はしごの高さ不足が原因か、ペンキ切れが原因か、、などと考えてうろうろしていると、どうやらここはカフェみたい!

 

 

「フィンランドカフェ ポーヨネン」というお店。

ちょうど小腹が空いていたし、正直な外壁の虜にもなっていたので寄ってみました。

 

「軽く食べられるメニュー何かありますか?」と伺ったら、メニューにはないけど小腹満たせるもの作ってあげる!とのこと。優しい。

 

 

300円のコーヒーと、

チーズとハチミツがかかったスコーンに、コケモモのソースを添えた一品を頂きました。

コケモモって何だろう…?というレベルの知識の無さでしたが、絶妙に美味でペロッと完食。

店員さんがとても気さくでしばらく話し込んでしまいました。ここはまた来よう。

 

ちなみに外壁の「塗れませんでした」は、ペンキ切れを正直に書いたのだとか。

 

路地裏には面白い出会いも転がっているんですね。

 

 

さぁ、次の目的地を考えながら、もう少し撮影しよう。

 

 

 

 

 

最後に見かけたビアガーデンの屋外灯。

次は夜に来ねば…。

 

最後まで見て頂きありがとうございます。

 

もしよければ、以下のツイートにこの記事の感想をリプライしてください!

 

 

関連記事

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です