【スナップ】3年ぶりの祇園祭 宵山の散策

 

 

3年ぶりに開催された祇園祭の宵山へ行ってきました。

 

ずらりと並ぶ鉾と、夕焼けの空が撮りたかったので

夕方6時ごろを狙って四条通へ。

 

 

現地に到着すると、あふれんばかりの人。

少しずつ夕暮れのムードが漂ってきていますが、空はまだ夕焼けではなかったので、ひとまず人波を避けて屋台のある通りへ。

 

 

 

おいしそう。。でも食べている間に良い夕空になってきたら、、、と思うとおちおち食べてもいられません!

 

 

屋台で祭のムードを味わって、程よく時間も潰せたので再び四条通へ。

 

 

いい空になってますね…。

しばらく夢中でこの景色に見惚れていました。

 

 

 

 

長刀鉾に向かっていくようなヘリを発見。

ぶつかって真っ二つになっちゃうよ!なんていう小学生ばりの妄想をしつつ…。

きっと空から見る祇園祭も迫力あるのだろうな。いつかヘリから見てみたい。

 

 

 

祇園祭の風物詩「コンチキチン」の音色を演奏する”囃子方(はやしかた)”の背中と鉾の模様。

 

音色に耳を傾けていると、いつまでも夏が続いてほしいとさえ思う。

 

 

 

数メートル進むのも困難なほどの人波の中、夕暮れと鉾の景色を十分楽しませてもらいました。

四条通りを外れ、帰路につくまでももう少し写真を撮りました。

 

 

 

あの人波を味わった後なので、これでもかなり人少ないなという印象になる。

 

 

 

 

 

道端の冷えたビールに誘惑され、居酒屋の明かりにも誘惑され…。

バイクで来てなかったら一杯やりたいのに!と悔しがりながらとぼとぼ歩きます。

 

 

久々に人の熱気を体じゅうで感じ、真夏の渦中にいることを実感させられた日でした。

 

最後まで見ていただきありがとうございます。

 

もしよければ、以下のツイートにこの記事の感想をリプライしてください!

 

 

 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です