【Photoshop】パスをレイヤーごと別の画像に移動させる方法

今回はタイトルの通り、 

パスをレイヤーごと移動させる方法をご紹介します。 

 

皆さんは、パスを作成したあとに 

そのパスをレイヤーごと他の画像に移動させたいとお思いになったことはありますか? 

 

私の場合は意外とこの作業を行いたい場面が多いのですが、 

最近までこの方法が分からず、 

インターネットで色々と調べていましたが、ほとんど有力な情報が得られず、、、 

 

しかし、色々な方法を検討しつつ、 

我流な方法ですがパスをレイヤーごと移動させる方法が見つかりましたので共有します。 

ぜひ覚えてご活用ください。 

 

では早速解説していきます。 

 

 

パスのある画像をPhotoshopで開く 

 

まず、パスのある画像(レイヤーとパスごと移動させたい画像)をPhotoshopで開きます。 

 

 

次に、移動先の画像を別のタブで開きましょう。 

 

 

パスをレイヤーごと移動させる先の画像を開く 

 

移動先の画像を先ほどの画像別に開いておきます。 

 

 

もちろんまだこちらにはパスはまだ何もありません。 

 

 

ここまで出来たら次のステップに移ります。 

 

 

ベクトルマスクを作成する 

 

パスのある画像のほうを開き、パスウィンドウ内のパスをクリックして選択しておきます。 

 

 

 

続いて、レイヤーウィンドウに移動し、「レイヤーマスクを追加」ボタンを2回クリックし、ベクトルマスクを作成します。
(正確には、一度目のクリックは「レイヤーマスクの追加」を行っており、二度目のクリックでは「べクトルマスクの追加」を行っています。) 

 

 一度目のクリックは「レイヤーマスク」の追加を行っている。

 

二度目のクリックは「ベクトルマスクの追加」を行っている。

 

これでレイヤーにパスの形のベクトルマスクを追加できました。 

 

ここまで出来たら次のステップです。 

 

 

ベクトルマスクをつけたレイヤーごとコピーする 

 

ベクトルマスクをつけたレイヤーをクリックし選択します。 

選択したら、「ctrl(⌘)+c」キーを押しレイヤーをコピーします。 

この時に、白い四角い枠が「レイヤーサムネイル」を囲っている状態でコピーしてください。 

 

 

 

もしも白い枠がベクトルマスクについていれば、一度欄外をクリックし再度レイヤーをクリックすればレイヤーサムネイルに白い枠をかけることができます。 

 

 

レイヤーのコピーが完了したら次のステップです。 

 

 

パスをレイヤーごと移動させる先の画像にペーストする 

 

移動させる先の画像を表示します。 

 

 

ctrl(⌘)+vを押し、先程元の画像でコピーしたレイヤーを貼り付けます。 

 

 

ここまで出来たら後はもうすぐです。 

 

 

ベクトルマスクからパスを作成する 

 

まずは、先ほどペーストしたレイヤーを選択状態にしておきます。 

 

 

次にパスウィンドウを開きます。 

すると、「○○○(レイヤー名)ベクトルマスク」という斜め文字のパスがあるのを確認できるかと思います。 

 

 

ここをダブルクリックし、任意の名前に変更します。 

 

 

名前変更が完了したらパスの作成は完了です。 

最後に仕上げを行いましょう。 

 

 

仕上げ 

 

レイヤーウィンドウを開き、先ほどペーストしたレイヤーを下のレイヤーと結合しておきます。 

 

 

以上でパスとレイヤーの移動は完了となります。 

 

 

まとめ 

 

パスを”レイヤーごと”移動させる方法を解説いたしました。

Photoshopでの作業後にIllustratorで画像を配置する方など、パスの使用頻度が高い方には役に立つスキルを習得いただけたかと思います。

何かご不明点やご質問がありましたら、以下のコメント欄からお気軽にお問合せください。
できる限り迅速にお返事を差し上げます。

 

今後も写真に関する役立つ記事をアップしていきます。
ではまた次回をお楽しみに。

 

 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です